免疫療法でがんを克服|病気を治して快適な生活を送ろう

病院

ガン治療の第四の治療法

病棟

人間の持つ免疫力を高める

正常な細胞が変異してガン化することは、人間の体内でしょっちゅう起こっています。それがガンにならないのは人間の体内には免疫力が備わっているからです。免疫力によってガン化した細胞を異物として排除するため、ガンにならないのです。免疫療法というのは免疫力の持つこのような力を応用した治療法です。免疫療法とはもともと人間に備わっている免疫力を高めてガンの再発を防ぐので、副作用がないのが特徴です。これまでの治療はガン細胞を手術で取り除いたり、薬でやっつけたり、放射線を利用したりと外部からの治療だったのですが、免疫療法は内部からの治療です。かつては身体全体の免疫力を高めてガン細胞を防ぐ治療法だったのですが、最近では特定のガン細胞を狙い撃つ治療へと進化しています。

副作用を抑え、再発を防止

ガンの三大治療法は外科的手術、化学療法、放射線療法です。最近はこれに免疫療法が加わっています。化学療法とは抗がん剤治療のことですが、多くのガン患者はこの治療による副作用で苦しみます。外科的手術で体力が弱っているところに副作用が起こるので、非常に苦しいのです。ところが免疫療法にはその副作用を軽減する働きがあります。そのためガン患者には人気のある治療法なのです。また免疫療法には末期ガン患者の余命を延ばすという効果もあります。このように人間の身体にやさしい治療法なので人気があるのです。特に外科的手術などで治療した患者に、免疫療法を続けているとガンが再発しにくいという効果があり、治療後のケアにも利用されています。