免疫療法でがんを克服|病気を治して快適な生活を送ろう

病院

ガン治療の新しい可能性

看護師

治療の副作用を抑える効果

これまでのガン治療は外科的手術、化学的療法、放射線療法の3つを組み合わせて行われています。最近ではその3大治療法に免疫療法が加わるケースが多くなっています。人間にはもともと免疫力が備わっており、外部からウィルスや細菌が侵入したりすると撃退する働きをします。この免疫力によってガン細胞の再発や転移を防ごうという治療法です。この免疫力の持っている力をガン治療に導入し工夫することによって、抗がん剤治療や放射線治療の副作用を軽減できるようになったのです。ガン患者は手術や副作用によって体力が失われてしまいます。免疫療法という新しい療法を導入し工夫することで、ガン患者の余命を延ばす効果が実際に得られているのです。

特定のガンを攻撃する治療

免疫療法は人間の持っている免疫力を高めることによって、ガンを予防したり転移や再発を防ぐ効果を発揮してきたのです。しかし必ずしも進行ガンに対して有効であるということが証明されてこなかったので、免疫療法を導入する病院も限定的だったのです。最近になって免疫力を高める治療から、特定のガンを狙い撃つ免疫療法が開発されてきているのです。そのわけは、免疫システムの機能が十分に解明されてきたからです。そしてガン細胞を攻撃する免疫細胞が発見されたことが大きく影響しています。免疫細胞を利用してガン細胞を攻撃する治療法の代表的なものが、樹状細胞ワクチン療法というものです。この治療法は正常細胞を傷つけないので、患者に優しい治療法として期待が集まっています。