免疫療法でがんを克服|病気を治して快適な生活を送ろう

病院

免疫細胞を使う治療方法

女性

免疫を強化して治します

がんの治療には大きく分けて、外科手術、抗がん剤を用いる化学療法、そして放射線療法があります。いずれの治療方法を用いるかは、症状や進行の度合いに応じて決まります。一般的には初期の段階で手術、進行していたり、あるいは転移したりした場合には、化学療法や放射線療法が用いられます。その一方で、最近は免疫療法という治療方法が注目を集めています。この免疫療法は、人間が本来持っている免疫力を利用して、がん細胞をやっつける方法です。元々がんに罹るのは、体内のがん細胞の力が、本来の免疫力を上回った場合です。免疫力が強ければ、がんに打ち勝つことができるわけですから、免疫細胞を人工的に増加し、それによってがん細胞を抑え込むのは理にかなった方法です。

副作用がないのがメリット

免疫療法はまず、患者の血液を採取して、免疫細胞を採り出し、それを増殖させて再び体内に戻します。これですと自分の細胞ですから、化学療法や放射線療法のように、吐き気などの副作用が起こることもありません。発熱やアレルギーが起こることもありますが、これはごくまれな場合です。また治療方法も簡単で、定期的に免疫細胞を体内に入れるだけで終わります。人間の体には、元々自分で病気を治そうとする自然治癒力がありますが、この免責療法はそれをさらに高めたもので、今後のがん治療の目玉となる可能性もあります。ただし現在では保険の適用がなされていないことが多く、すべて全額負担となることもあります。それから、血液などの一部のがんには免疫療法が行えないので気をつけましょう。