免疫療法でがんを克服|病気を治して快適な生活を送ろう

医者

ガン治療の第四の治療法

病棟

人間には生まれつき免疫力が備わっており、体内の異物を排除する働きをします。この力を使ってガンの治療を行うのが免疫療法です。これまでの抗がん剤治療では副作用があり、患者は苦しんできたのです。免疫療法には副作用を軽減する働きがあり、また再発を防止する効果があります。

詳細へ

ガン治療の新しい可能性

看護師

これまでのガン治療は外科的手術、化学的療法、放射線療法の3つが行われています。そこに新たに免疫療法が加わってきたのです。この療法には人間が持っている免疫力を高めてガンの再発や転移を防ぎ、副作用を抑えるという効果があります。最近では特定のガンを攻撃する樹状細胞ワクチン療法が注目されています。

詳細へ

免疫細胞を使う治療方法

女性

免疫療法とは、特にがんの治療で、自分の血液中の免疫細胞を人工増殖させ、それを体内に戻すことで、がん細胞を抑え込む治療のことです。副作用がほとんどなく、しかも治療方法もいたって簡単なので、大きな注目を集めています。ただし保険が適用されないので全額負担であること、一部のがんには行えないこともあります。

詳細へ

副作用が課題のがん治療

看護師

患者の体に負担をかける

最も恐ろしいといわれるがんは日本人の死因の常に上位にいます。そのため毎年検診を受けて早期発見早期治療を行うことが最もリスクを低くするといわれています。癌の治療は外科手術によりがん細胞を切除する治療法や抗がん剤という強い薬品でがん細胞を増殖させない方法、そして放射線治療と呼ばれる放射線の力を用いてがん細胞を死滅させる方法があります。しかしいずれの方法も患者に負担をかける治療法です。がん細胞に効果のある放射線や薬は正常な細胞にも有毒なのです。そのため強い副作用に悩ませられることも少なくありません。最近になって新しい治療法が開発されています。免疫療法です。これは人間がもともと持っている免疫力を高める方法です。

副作用の発生しない治療法

人間の体には免疫力があります。もちろんがん細胞にも有効なのです。しかし癌細胞の勢力のほうが強くなると免疫機関が働かなくなり、がん細胞に侵されてしまいます。そこで人工の力で再び免疫力を高めることでがん細胞を死滅させるのが免疫療法です。もともと人間の体に備わっている力の為、副作用を全く生じさせないことが最大のメリットです。しかしまだ日本の医学では認められておらず、ステージが進行した治療を施すことができない患者に対して使用されるのみとなっています。今後医学が進歩し、免疫療法を積極的に取り入れることで患者の体に負担をかけない癌治療のスタンダードになることが期待されています。人間の体がもつパワーを引き出す免疫療法こそ、本当の治療法なのです。